うみねこにっき

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみねこにっき

ブルーオーシャンを探して

「QUARTET NIGHT LIVE エボリューション 2017」ライブレポ



QUARTET NIGHT LIVE エボリューション 2017~~~略してカルライのライビュに行って参りました。ありがとう全国ライブビューイング……ちょっと国際フォーラムは狭すぎますわ……チケット戦争に惨敗したうみねこはライビュに救われたのであった。いやこれライビュあってよかったよねマジで。ライビュなかったら醜い戦争が起きてたと思う。血を見てたと思う。

そりゃあ本音を言えばもちろん現地で、生のカルライを見たかったけれども、ライビュにはライビュの良さがあって、まず現地では見れないであろうキャストの細かい表情まで見放題だったのはよかった。今回本当に、4人とも表情まで作りこんでくれていて、それを余すところなくこの目に焼き付けることができました。前野伯爵のウインクがエロすぎてどうにかなるかと思った。ほんと、まえぬ演じるカミュがどんどん好きになる……プリライ3rdのときはどこかぎこちなかったのに、いまやまえぬにカミュが乗り移っているかのようで、ほんとにどうすればカミュに近づけるのかを一生懸命に考えてくれているんだなあと思うとまえぬ自身も好きになってしまう。いや、好きです。

わたしはわりと初期、それこそ先輩組がゲームで登場した当時から先輩組に心奪われて、アニメでQUARTET NIGHTというユニットにどっぷりハマッたクチなので、今回の単独ライブは本当に夢のような時間でありました。だってまさか、単独ライブやってくれるなんて思ってもみなかったから、、、もはやプリライでカルナイの尺が取れないための救済措置であったとしてもかまわない!いや嘘ですかまいますカルナイプリライでもいっぱい歌って。

単独ライブ発表からもうドキドキが止まらなかったのですが、期待を裏切らないすばらしいライブでした。以下、ライブレポになります。よろしければご査収ください。

「QUARTET NIGHT LIVE エボリューション 2017」ライブレポ

セットリスト

#QUARTET★NIGHT
#the dice are cast

#溺愛テンプテーション
#純潔なる愛‐Aspiration‐
#Innoccent Wind
#ONLY ONE

#月明かりのDEAREST
#愛しき人へ
#BRIGHT ROAD
#RISE AGAIN
#Winter Blossom
#aurora
#Starlight Memory

#Hurray×2 ドリーマーズ
#Double face
#NO.1
#ムネノコドウ
#WILD SOUL
#A.I
#キスはウインクで
#絶対零度emotion
#マリアージュ
#God’s S.T.A.R
#KIZUNA

#エボリューション・イヴ

#ポワゾンKISS
#you’re my life

なつかしのあの曲から最新曲まで、贅沢に詰め込んだ計27曲のセトリでございました。プリライだと、どうしても新曲中心のセトリになりがちなので、今回なつかしの初期曲から丸っとやってくれたのほんとうれしい。

オープニングPV

キャストそれぞれが、カルテットナイトの嶺二、蘭丸、藍、カミュになりきったPVが流れるという俺得でしかないはじまり。

嶺二→車のキーを指でくるくる弄びながら車庫へ。もちろん嶺二らしい可愛い外車がそこにあって、そのまま車でライブ会場に向かう。

ゲームの時から思ってたんだけど、シャニドルで車運転できるの嶺二だけじゃないですかたしか。大人だな~~~って思うわけですよねえええそんで後輩の送り迎えとか進んでやっちゃうタイプでしょ?ずるい……惚れざるをえない。

藍→海辺で読書をしながら嶺二の迎えを待つ藍。嶺二の迎えを待ってるって、その図がもうすでに可愛い。「人間学的心理学」?だったかな?心理学の本を読んでいた模様。遅れてきた嶺二に「13分の遅刻だよ」ってプンスコしながらトントン腕時計を叩く姿は藍そのものでした。

藍ちゃんを海辺で待たすのはいかん演出;;それを迎えにくるのが嶺二ってのもあかんコンボ;;泣いた。
そのまま蘭丸とカミュも拾いにいくのかと思いきや、そんなことなくて笑った。

カミュ→長ーーーいリムジンの中でお茶を嗜む伯爵様。砂糖大量投入再現ありがとうとしか言えないwカミュさまと呼ばざるをえない演出で、ライビュ会場でも「カミュさま……」とどよめいてて笑う。

蘭丸→ベースを背負いながらネコと戯れるってどこの蘭丸やねん。ありがとう。その脇をカミュさまを乗せたリムジンがすれちがい、蘭丸はカミュさまが拾っていかれるのかと思いきやまさかのスルーw徒歩で会場に向かう蘭丸。ロックだぜ。

みなさんのレポ見たら蘭丸はリムジンに乗った説と徒歩ロック説に分かれてて笑うw個人的には徒歩ロック説を推していきたいw

そしてライブ会場の駐車場で4人が合流。ステージへと向かう後ろ姿で〆。

からの!!生カルテットナイトがステージ上に登場!!という粋なオープニングでした。

#QUARTET★NIGHT

QUARTET★NIGHT

QUARTET★NIGHT

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)、黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)、美風 藍(CV.蒼井翔太)、カミュ(CV.前野智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

画像がST☆RISHですが。。。やはりこの曲からか。カルテットナイト名義で初めて出した曲かな?めっちゃ好き。特に2番の「カ」「ル」「テッ」「ト」って4人で繋げるとこで嶺二と藍がノリノリなのがとても好き。この曲は歌詞も「先輩」ってのを意識して作られていて、スタリとはまたちがう雰囲気のユニットってのがよくわかって大好きです。

#the dice are cast

The dice are cast

The dice are cast

  • QUARTET NIGHT
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲も大人っぽくて良いよね、ってかカルナイの曲はユニット色でもあるんだけどぜんぶ大人っぽくてたまらんですよね。 「3」「2」「1」「with you」のwith youでバーンってやってるまえぬがイカしてるので、ぜひ見てほしい。

#溺愛テンプテーション

溺愛テンプテーション

溺愛テンプテーション

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ウッウワアアアアア嶺ちゃんんんんんn。めっちゃすき。嶺二に合わせてマラカスのようにペンラを振るのがめちゃくちゃ楽しかった。一体となる会場。

#純潔なる愛‐Aspiration‐

純潔なる愛-Aspiration-

純潔なる愛-Aspiration-

  • カミュ(CV.前野智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

カミュさま……まえぬの表情が、カミュさま。

#Innoccent Wind

Innocent Wind

Innocent Wind

  • 美風 藍(CV.蒼井翔太)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

初期曲から攻めてくるわけではないのだな、と理解。ノリが良い曲からってことかな。プリライ5thでも聞きましたが、あいかわらず天使の歌声。最後はスモークの中に消える藍ちゃん。

#ONLY ONE

ONLY ONE

ONLY ONE

  • 黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「聴いてくれ、俺のリベンジだ」

プリライ5thを見た人間であれば、この言葉の意味が痛いほどわかったことでしょう。

プリライでは思うようにできなかったダンス、歌、そのリベンジ。熱かったですロックだぜ。

#月明かりのDEAREST

月明かりのDEAREST

月明かりのDEAREST

  • 美風 藍(CV.蒼井 翔太)、カミュ(CV.前野 智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ああああ好き……シンデレラ組……すき。この曲ほんっと可愛くて好きです。藍ちゃんがめずらしく「俺」と歌うのが好き。振付けがあいかわらず可愛い。

#愛しき人へ

愛しき人へ

愛しき人へ

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

椅子に座ったまま上がって来た嶺二を見て「無理……」ってなる。バラを愛しき人に見立てて歌う嶺二に「無理……」ってなる。傘をなにやらかっこいい拾い方した後くるくるって回す嶺二に「無理……」ってなる。嶺二無理。好き。

#BRIGHT ROAD

BRIGHT ROAD

BRIGHT ROAD

  • 黒崎 蘭丸(CV.鈴木 達央)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

さっきのリベンジを引きずっていて蘭丸がダンスするだけで泣けてくるそんな心境に。やばい。

#RISE AGAIN

RISE AGAIN

RISE AGAIN

  • 寿 嶺二(CV.森久保 祥太郎)、黒崎 蘭丸(CV.鈴木 達央)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

藍ちゃんとカミュさまが可愛いシンデレラ組だとしたら、こっちは男の友情ってかんじ。熱い。なかよさげに歌う姿が良い。肩組んだり手繋いだりしてた。

#Winter Blossom

WinterBlossom

WinterBlossom

  • 美風 藍(CV.蒼井 翔太)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

藍ちゃんでいちばん好きな曲うううう。いつか生で聞いてみたい。。。イントロだけ蒼井藍くんがピアノで弾いてくれました;;;最後の「またね」で涙腺が崩壊する。

#aurora

AURORA

AURORA

  • カミュ(CV.前野智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

まえぬ今回はプリライのリングライトつけてないんだな……と少し寂しく思っていたら懐からw出てきたwwまえぬのうたプリ愛に感動する。マジェスティックステッキも健在。ステッキ使いがどんどんうまくなるまえぬ。

#Starlight Memory

Starlight Memory

Starlight Memory

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎) 、黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)、美風 藍(CV.蒼井翔太)、カミュ(CV.前野智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

今いちばん生で聴きたいやつ;;;;;スクリーン越しだったけどよかった;;;;;;;スタンドマイクかっこよすぎ。「Just say QUARTET NIGHT!!」の煽りがかっこよすぎる。もっと煽ってくれ。画像が出せなかったんですが、この曲のCDジャケのカルナイはたいへんえっちなのでみんな見て……。特に嶺二がやばいから。

#Hurray×2 ドリーマーズ

Hurray×2 ドリーマーズ

Hurray×2 ドリーマーズ

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

嶺二のタオル曲~~~!タオルはなかったのでペンラをHurray×2しておきました。楽しい~~~~!!

#Double face

Double face

Double face

  • カミュ(CV.前野智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

今回、わりと初っ端からまえぬにカミュが乗り移ってるって思ってたけど、この曲は特にすごかった……。執事モードと伯爵モードの切り替えがすごいよ!?声はもちろん表情までちがう……執事モードの時は気品あふれる笑顔で、伯爵モードの時はキリッとした表情。目力。

#NO.1

No.1

No.1

  • 黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

蘭丸が指でダンサーさんの顎をくいって上げたのこの曲だった……?すごく……えっちでした。

#ムネノコドウ

ムネノコドウ

ムネノコドウ

  • 美風 藍(CV.蒼井翔太)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

藍ちゃんのバラードはもれなく泣き曲なんだけど、この曲もやばいよな……泣いた。

#WILD SOUL

WILD SOUL

WILD SOUL

  • 黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲で「W」「I」「L」「D」「SOUL」って掛け声入れるの夢でした……叶ったよ夢がひとつ。

#A.I

A.I

A.I

  • 美風 藍(CV.蒼井翔太)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

会場で操作されているペンラの色がオレンジ色で、ああああのスチルの夕焼けかああああってなって泣いた。最後、機械の体が朽ちていくような音が入るのしんどい。

#キスはウインクで

キスはウインクで

キスはウインクで

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

マラカスのような動きをするペンラ再び。この動きめっちゃ楽しい~~。嶺ちゃんの曲はノリノリで良いね。

#絶対零度emotion

絶対零度Emotion

絶対零度Emotion

  • カミュ(CV.前野 智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

会場で操作されてるペンラで、最初全部消えてるのが、カミュさまがステッキを向けた順に点灯していくという魔法を見た。いや演出神か?正直ここがいちばんうらやましくて現地にいない自分を呪った。カミュさまに魔法かけてもらいたかった。スクリーンに映る雪の結晶も魔法で出していらっしゃった……。

#マリアージュ

マリアージュ

マリアージュ

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)、黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)、美風 藍(CV.蒼井翔太)、カミュ(CV.前野智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

(春ちゃんと)結婚しろ。
この曲の振付けで4人が手を重ねてぐるぐる回るの好き。

#God’s S.T.A.R

God's S.T.A.R.

God's S.T.A.R.

  • QUARTET NIGHT
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲はプリライで初出しでも良いなあと思っていたんだけど、やってくれましたね。かっこよかった。いっしょにWOWWOWしました。蘭丸の「振り切るぜQUARTET NIGHT」って歌詞が好き。プリライでもやってくれるだろうので、また聴ける喜びだよ。

#KIZUNA

KIZUNA

KIZUNA

  • QUARTET NIGHT
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

階段を車に見立てて、嶺二が運転手役で~~;;;みんなめっちゃ楽しそうでうれしくなる。アニメでも絆が深まった曲だったもんねええ。

#エボリューション・イヴ

エボリューション・イヴ

エボリューション・イヴ

  • QUARTET NIGHT
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ラストの曲……いやだ、終わりたくない、永遠に続いてくれ。

こっから全力のアンコール。アニメと同じで「アンコール!」ではなく「カールテットナイッ」でアンコールを待つ。コールしながら「なんの曲やってないっけ……?」と考える。

#ポワゾンKISS

ポワゾンKISS(うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000% 1)

ポワゾンKISS(うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000% 1)

  • QUARTET NIGHT(寿 嶺二(CV:森久保祥太郎)・黒崎蘭丸(CV:鈴木達央)・美風 藍(CV:蒼井翔太)・カミュ(CV:前野智昭))
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

見ました???藍ちゃんが「跪きなよ」のとこで人差し指を上から下にスッて……。死んだ。

#you’re my life

You're my life

You're my life

  • 寿 嶺二(CV.森久保祥太郎)、黒崎蘭丸(CV.鈴木達央)、美風 藍(CV.蒼井翔太)、カミュ(CV.前野智昭)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

最後はみんなで「lalalalalalala」の大合唱。嶺ちゃんが何度も「もう一回~~!」ってやってくれたのうれしかったなあ。

期待していた以上のライブで、カルテットナイトのこともっと好きになりました。なにこのユニット沼すぎる。

スターリッシュへの敬意を忘れずに、自分たちにできることを精いっぱいやってくれて。スターリッシュを差し置いて単独ライブをやることに少なからずいろんな想いもあったのだろうなと思った。けど、驕ることなくやり遂げてくれたことに感謝しかないし、これからもカルナイ推しでいきたいと思いました。タイトルに2017ってあるってことは2018もあるんでしょそうなんでしょ?カルライ2018を現実にするためにもうたプリにお金落とそう。みんなでカルテットナイトをドームに連れていこう。

もちろんスターリッシュも好きだし、スタリ単独ライブあったら絶対行きたい。

ヘヴンズはとりあえずゲーム出そう話はそれからだ。


「ニューダンガンロンパV3」プレイ感想



生死予想&答え合わせはこちら。 blueocean.hatenablog.com



それじゃあ本編感想に行きます。

くりかえししつこくて申し訳ありませんが、この記事には「ニューダンガンロンパV3」を含むすべてのダンガンロンパシリーズに対するネタバレを大いに含んでおります。読む読まないはお任せしますが、ダンガンロンパシリーズはネタバレ一切無しでプレイしていただきたい作品なので、頼むから未プレイの方は回れ右してくれ……ほんと……頼んだぞ……。




ニューダンガンロンパV3」プレイ感想

chapter1 私と僕の学級裁判

まさかの初っ端から主人公交替。トリックが本当によくできていて、裁判で最原が真相に気づいて苦しみはじめるまでクロがまったく読めなかった。

一人孤独に首謀者を明かそうと行動してしまった天海を、これまた首謀者を殺してでもコロシアイを終わらせようとした赤松ちゃんが殺してしまうという悲劇的結末。「俺がこのゲームを終わらせるんで」は完全に死亡フラグだよお……。
でも生存者特典が与えられたからといって、一人でコロシアイを止めるべく行動できる天海は本当に良い奴だよなあ。狛枝っぽいとか思ってごめんな。

トリックが明かされた際にはそんなにうまくいくもんかね……?と思いましたが実際うまくいってなかったんですね。赤松ちゃんは完全におしおきされ損だし天海は殺され損ですよ。いくらコロシアイを盛り上げる必要があったからって首謀者がズルをしてしまうともうなんでもありになってしまうのでやっぱりルール違反はよろしくないと思います。
というわけで、エンディングに物申すようでアレなんだけども、ここは赤松ちゃんのトリックが奇跡的にうまくいって天海が死んだ、にしといてもよかったのでは?と思ってしまったり。

あと天海の写真写りの良さパネェと思いました。フラッシュに気づいてカメラを取り外そうとする天海の写真可愛すぎるんだが。ビジュアルめちゃくちゃ好みだっただけにまっ先に死んでしまって裁判パートの出番0だったのは寂しかったなあ。ダンガンロンパV2、待ってますよ公式さん。真っ先に退場して出番も少なかっただけにあまりキャラ立ちしなかったのが本当にもったいない。出番さえ増えれば王馬と同じぐらいの人気を集めるポテンシャルを彼は持っている。

コロシアイ促進BGMは本当に不気味でドキドキさせられた。

chapter2 限りなく地獄に近い天国

アンジーよ、水中脱出マジックにピラニアを用意する必要性……?夢野ちゃんが本当に事故で死んだらどうするんや。
手品のネタを見た瞬間アッここで誰か死ぬとしか思えなかったよね??ピラニアがフラグすぎる。ただ、ここで夢野ちゃんがクロでも被害者でもあまりにもそのまんますぎるので夢野ちゃんの生存は確信。アンジーがクロになる可能性は考えましたが、あきらかに嫌な予感しかしないピラニアがぎゅうぎゅうに詰まった水槽を見ての「ピラニアが昨日より増えてる気がするんだよー」との発言でその考えはなくなりました。クロだったらあからさまに重要そうな手がかりについてそんな風に発言することはないんじゃないかなーと。

クロは裁判終盤まで絞れませんでしたが、トリックについてはわかりやすかった印象。

シャッフルして渡された今回の「動機」でしたが、わざとシャッフルしていたわけでないのはモノクマーズのやりとりからも明らかだったので、誰かは自分の「動機」を見てしまったのだろうなと思ってはいました。あなただったのですね、斬美さん……(あと王馬?)。

裁判が進むにつれて、斬美の言う「みんな」がコロシアイメンバーの「みんな」ではないのかなっていうのは勘付いてしまいました。どことなーく漂う違和感はさすがだなあ、シナリオライターさんがすごい。

事件とはまったく関係ないんだけど、昆虫でなごもう会で蘇生した昆虫って、もしかしなくてもゴ〇〇〇……。

chapter3 転校生オブザデッド

新しく開放されたダンジョンがホラーすぎるんだが。あのさあ、ロウソクだけが置いてある3つの部屋とかガチで真っ暗で出口を見失いかけて半泣きだったんですけど!

ダンジョンといい事件といい、今作通していちばん猟奇的な殺人事件でしたね……。キャラデザからいちばんの怪しさを醸し出していた是清だったけど(マスクの下ぜってぇ何かあるだろっていう)、見た目通り何から何まで怪しい奴だった。
アンジーを殺したところでやめときゃ良いのに、転子まで殺しやがってこんにゃろう……。

かごの中で死んでいる転子に気づいて必死で駆け寄る夢野ちゃんがかわいそうでかわいそうで……。そんな夢野ちゃんに罪を擦り付けようとした是清マジ許すまじ。今回も、夢野ちゃんは(証拠的には)怪しすぎて逆に怪しくないんだよなあ。犯人に仕立て上げられている感がむんむんしていました。というか、夢野ちゃんはあんなに仲良かったアンジーと、邪見にはしていたものの心開きかけていた転子を殺すような悪い子じゃないから……。今作、夢野ちゃんだけは殺されそうではあってもクロになる要素がまったくなかったんだよなあええ子や。

あと、死者蘇生についてはなんでもありのロンパなので天海生き返りの可能性0じゃないって思っていた。途中でアンジーが殺されてうやむやになっちゃったけど、儀式が完了していたらどうなっていたのか気になる。エンディングを見る限りは天海は本当に死んじゃったっぽいので生き返りはできなかったと思うのだけど。

chapter4 気だるき異世界を生かせ生きるだけ

ここで王馬小吉へのヘイトがマックスに。純粋なゴン太に殺しをさせるなんてそれいちばんやっちゃダメなやつぅ!!!

変わったダンジョンを使ったトリックはスーダンでもあったけど、今回のはわりと簡単でしたね。それにしても入間ちゃん嘘を吐くのが下手すぎるぜ……!それで王馬を殺しの対象にしてしまうとか、それ完全に勝てないやつ。案の定返り討ちじゃねえか!!
それにしても本当になぜあえて王馬を殺しの対象に選んでしまったのか。コロシアイメンバーの中ではいちばん嫌われていたからいちばん罪悪感無く殺せると思ってしまったのだろうか。でもあの嘘下手な様子から見るに、もし違う誰かを作戦通りに殺せたとして、裁判で最原にメッタメタにされる気しかしない。

自分では手を下さずにゴン太に手を下させるとか、王馬マジ許されない。最後までプレイして、王馬のことだいすきになったけど、chapter4でのこの所業だけは許せそうにない。自分を首謀者だと思わせるためで、最終的には首謀者に勝ってコロシアイを終わらせるための伏線として必要だったってのはわかるんだけど……わかるんだけどお!!わかるだけに悔しいよお。

個人的にはchapter1で赤松ちゃんをクロ指名する時よりもクロ指名するのが心苦しい裁判でした。

下品でみんなにうざがられていたけど、彼女の作った発明品が最後の最後まで役に立っていて死んでなおみんなの役に立っていた入間ちゃん。そのほとんどが王馬の設計図に基づいて作られたってのがなんか可愛い。王馬に「入間ちゃーんこんなの作ってよ!」って設計図を渡されて作ってあげていたのだと思うと可愛い。こんな世界じゃなかったら仲良くなれていたのかもしれないよね。

chapter5 愛も青春もない旅立ち

chapter4でヘイトを稼ぎに稼いだ王馬が、ここにきて好感度を跳ね上げてきた。ちょっと、、、死ぬ間際に好感度上げてくるのずるすぎでしょやめてよ!!

「オレって……つまらなくなかったろ?」の一言が辛すぎる……最高におもしろい奴だったよ王馬小吉……。

裁判前半では本当にハルマキがクロなのかと思って焦りましたがそんなことなくて本当によかった……。まあ、エグイサルの中身が本当に王馬である可能性は限りなく低いなって思っていたけど。なので今回死んだのは王馬なんだなあって、信じたくなかったけどそう思うしかありませんでした。

毒で死ぬ道しか残されていないにしても、首謀者を陥れるために生きたままプレスされる勇気はすごい。クライマックス推理で死ぬ間際の王馬の表情が見れるけど、どう見ても怯えてるし死ぬのが怖くなかったわけないんだよなあ……。

王馬は、やり方は良くないところもあったけども、自分なりにコロシアイを止めよう止めようと暗躍していて、それが死んでから明るみに出るかんじがもう、好きにならないわけない。chapter4のことは本当に許してないけど、でも好きです。今思うと百田を監禁したのも、自分が首謀者だと思わせた上でこれ以上死人が出ないようにだったのかなあ……。ハルマキが乗り込んで来たのにはさぞかしびっくりしたことでしょう……。

王馬小吉の通信簿イベを終わらせるともらえるスキルが「優しい嘘」なのには泣いた。本編では善意での行動なのか悪意での行動なのか読みにくすぎる子だったけれど、スキル名がすべてを物語っているよお……。

そしてここで最原とハルマキの精神的支柱だった百田がクロとして退場。

chapter6

おまえが黒幕か……!?とそこそこにびっくりする展開でした。生き残りメンバーの中にいるならこの子しかいないとは思っていましたが……。
最原とハルマキは違うだろうし、夢野ちゃんが黒幕だったら転子のためにとがんばってきたあの姿は嘘だったのかってなってしまうので、よくよく考えると白銀しか残っていなかったんだよなあ。赤松ちゃんが双子っていう嘘っぽい証拠も出てきますが、まさかのそこまで江ノ島盾子の二番煎じにはしないだろうし。

そして、エンディングを迎えるわけですが、これは荒れると思いました。案の定荒れてる。

ゲームとしての禁じ手に出ましたね。フィクションだから何でもありだよーっていう。ぜんぶぜんぶ、誰が誰を殺し殺されるかも、百田の病気も、ハルマキの百田に対する恋心も、フィクション作品としての「設定」なんだよーって。

正直わたしもショックを受ける展開ではあったけど、でも、本当にそうなのだろうかと思わせてくれるのが今作。どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションなのか、それが明らかになることはないのだろうなあと思うと絶望しちゃいますね。でも、明らかになっていないからこそ、そこから希望が生まれることもあるんじゃないかと思ってます。

なによりも、確かに記憶は思い出しライトで改ざんされちゃったのかもしれないけど、人の感情を記憶だけで思い通りに操るのって無理だと思う。ハルマキが百田に恋をするきっかけは確かに記憶が与えたのかもしれないけど、そこからどう思ってどう行動するかはハルマキの元々の性格によるものだと思うのです。

だから、ぜーんぶフィクションっていうのは「嘘」なのだと思うのです。


ざっくり感想でしたが、とにかくネタバレに触れる前にクリアしてまおうと思って駆け足でプレイしたので、細かいとことかちゃんと覚えてなかったりする。2周目はゆっくりプレイしたい。ぜんぶわかった上でプレイすると王馬をもっと好きになってしまいそうだわ。




「ニューダンガンロンパV3」生死予想&答え合わせ



※この記事には「ニューダンガンロンパV3」のネタバレを大いに含んでおります。※




ひええええクリアしてしまった。

発売前からわくわくしながら待ち望んでいた発売以降、廃人のごとくプレイし続け、昨日の深夜ついにエンディングを迎えてしまいました。

結局、どこまでが真実でどこからが嘘だったのか。ニューダンガンロンパV3の世界は本当にリアルフィクションの世界なのか。エンディングにすら疑心暗鬼にさせられてしまったのにはさすがの一言。クリアしたその瞬間にもう一度頭からプレイし直したくなるゲームは少なくともこれまで生きてきた中ではダンガンロンパだけというもの。

でもせっかくなので2周目のプレイに入る前に初見プレイの感想を書き留めておこうというわけで、こちらの記事を作成しに参りました。冒頭にもでかでかと書きましたが、この記事にはニューダンガンロンパV3を中心としたダンガンロンパシリーズすべてのネタバレを遠慮なく含んでおります。未プレイの方は悪いことは言わないからこの記事をそっ閉じしてダンガンロンパ無印のソフトを買いに走ってくれ。ポチるのも可。

こちらの「ダンガンロンパ1・2Reload」であれば無印とその続編の「スーパーダンガンロンパ2」がパッケージになっていて一気にプレイすることができるぞ。

ニューダンガンロンパV3」初見プレイ感想

の前に発売前生死予想&答え合わせ

一応発売直前に生死予想をしておりました。当初はブログ記事にする予定だったのだけど、発売前情報をあまり追えていなかったこともありそこまで深い考察記事が書けずに断念。せっかくなのでここで答え合わせまでやっちまおうとそんなわけです。生死予想のために公式HPでキャラクターのプロフィールをそれぞれ確認していたのですが、もう全員死ぬ気しかしなくて困った

赤松楓(超高校級のピアニスト)→生存予想

主人公ですしおすし。でもそんなの関係ねえ!と主人公ですら殺しにきそうなのがダンガンロンパの怖いところ。で、でも主人公はさすがに!ね!主人公補正かかるはずだよね!?

→ハズレ

うわあああああもうううこれだからダンガンロンパスタッフウゥゥゥ愛してる。 主人公交替は発売前から囁かれていましたが、まさかchapter1で、しかもクロ側で死ぬなんてまったく予想できなかった。してやられました。主人公交替はあってもchapter5でだと思っていたのでまさかこんなに早く退場してしまうとは。でも主人公らしく、その「想い」は最終章まで仲間を引っ張っていましたね。

天海蘭太郎(超高校級の???→生存者)→死亡予想

???が序盤で死ぬインパクト狙いで初っ端に死ぬ。今作ではビジュアル含めいちばん好みなキャラなのでなんとか生きてほしいけど死臭しかしないよお……。

→アタリ

ほぼほぼアタリでした。なんとなく被害者側で序盤に殺されてしまうのだろうなと思っていた。思ってはいたんだけど、思っていた以上にあっさり死んでしまってしょんぼりだよ……。キービジュアル見た時から狛枝臭がすると思っていましたが普通にちょっとだけチャラいだけの好青年だった件。狛枝のようにキチガイじゃなかったよ、偏見持ってごめんよ。

入間美兎(超高校級の発明家)→死亡予想

左右田ポジションで終盤までは生き残れそうだけど、最後までは無理かなあという予想。

→アタリ

これもほぼアタリでしたね。ちょっと下品な子だったけど、スタイルは良いし顔も普通に美人ですおね?返り討ちという形だったので完全に同情はできないものの、憎めない子だった。そもそもなぜ殺そうとする相手に王馬を選んでしまったんや……完全に相手が悪いだろ……。

王馬小吉(超高校級の総統)→死亡予想

狛枝のように引っ掻き回して解決していくトリックスタータイプだったら生存の可能性もあるだろうけど、引っ掻き回すだけが目的っぽいから死にそう。

→アタリ

ある種のトリックスターだったのではないかと。これで狛枝のようになんだかんだ主人公に協力してくれれば良いものの、狛枝以上に引っ掻き回してくるのがにくいですね。chapter4で彼がやったことは未だに許してないけど、最終的にだいすきになってしまったキャラクター。chapter5で好感度が急上昇だよ!なんで死ぬ間際に好感度上げてくるんだよやめてくれよ……!ある意味今作でいちばん頭の良いキャラクターだったのではないだろうか。

キーボ(超高校級のロボット)→死亡予想

限定版のパッケージのど真ん中に鎮座していることからも重要キャラっぽいけれど、録音機能とかいうめちゃくちゃトリックに使えそうな機能が付いちゃってるんですがそれは……。

→アタリ

予想していた死に方ではなかったけど、結果的にはアタリでしたね……。最後の最後で自爆かあ。

獄原ゴン太(超高校級の昆虫博士)→死亡予想

体験版で虫が嫌いな人に対する豹変っぷりが怖かったのでクロ側で死ぬと予想。

→アタリ

クロ側で死ぬという予想はアタリだったのだけど、思ってたのとぜんぜんちがうよお……!クロなのに今作でいちばんかわいそうな死に方したなあ。七海千秋は無自覚での犯行だったけど、今度は記憶にすらない犯行とは……。プログラム世界に行くための機械のエラーの話が出た瞬間に嫌な予感しかしなかったけどな。とにかく王馬小吉、お前は許されない。

最原終一(超高校級の探偵)→生存予想

もはやお前が生き残らなかったら誰が学級裁判を仕切るんだ??という思いで生存予想。当初赤松ちゃんも生き残りだと予想してたけど、ピアニストが一人で裁判を仕切るのは難しいだろうと思っていた。あと実は女性だという事実が発覚するものだと思っていたのだけど、chapter1の赤松ちゃんとの良い雰囲気を見てそれはないなと思い直す。

→アタリ

結果的に主人公の意志を継いで主人公に。そして普通に男の子だった。

白銀つむぎ(超高校級のコスプレイヤー)→死亡予想

おとなしそうなお姉さんがこのゲームで生き残るのは難しいと思うんや。コスプレイヤー設定を生かしたトリックでクロになるか、殺されるかだと思っていた。

→アタリ

結果的にアタリだったけど、まさかの黒幕。chapter6までそんな素振りをまったく見せなくて、まさかの生存エンドかと思いきや黒幕かよぉ。正直黒幕は百田だと思っていた。

真宮寺是清(超高校級の民族学者)→生存予想

怪しい、と見せかけて怪しくなかったりするのだろうかと思い生存予想にしてみた。

→ハズレ

なんで生き残れると思ったんだろうな?見た目から怪しすぎて裏をかいて生存予想にしてみたんだけど普通に怪しいやつだったわ!

茶柱転子(超高校級の合気道家)→死亡予想

迷ったけど、素直な良い子そうだったので死亡予想(ひでえ)。

→アタリ

最初あまり好きじゃなかったんだけど、徐々に好感度を上げてきたキャラ。生き残るには良い子すぎた。夢野ちゃんを気にかけているところが可愛かったですね。

東条斬美(超高校級のメイド)→死亡予想

生きてほしすぎるけど、名前から死臭がすっぞ(KILL ME)!?ペコを彷彿させたのでたぶんクロ側で死ぬ。

→アタリ

やっぱりかというかんじ。おしおきの途中で逃げようともがいたのにはびっくりした。死ぬ時は潔く死んでいきそうだなあと思っていたので、人間らしさを見れてよかったなあ。

春川魔姫(超高校級の保育士→暗殺者)→死亡予想

悲しい過去を持っているっぽいので、死ぬと予想(身もふたもない)。ビジュアルがめちゃくちゃ可愛いので生きてほしいけどなあ。がんばれ。

→ハズレ

やったあああああ生きた!!!百田が死んだ瞬間に彼女の生存を確信しましたけどね。百田への恋心が可愛くて可愛くて……。chapter5で王馬(本当は百田)に「ハルマキ」と呼ばれての「お前がその名前で私を呼ぶな!!!」が胸熱でした。

星竜馬(超高校級のテニス選手→囚人)→生存予想

ギャップキャラそろそろ生き残ってもいいんじゃない?との思いから生存予想。

→ハズレ

ふつうにかっこよく死んでいかれた……。斬美に命を預けたものの、やっぱり最後まで生を諦めきれない様子が見えて悲しかった。

百田解斗(超高校級の宇宙飛行士)→死亡予想

ごめんな、、、最初黒幕かと思ってたわ

→アタリ

ぜんぜん黒幕なんかじゃなくて、今作いちばんの良い奴だった。これはハルマキも惚れるわ……。

夢野秘密子(超高校級のマジシャn魔法使い)→生存予想

やる気のなさが逆に死臭を感じさせないので生存予想にしてみる。

→アタリ

い、生きたああああ!!!?生存予想にしておきながら、めっちゃ死にそうだと思っていました。chapter4からの成長が輝いたキャラ。これでchapter4で死んだらスタッフ殺してやると思った。生きてよかった。最終章で自分があまり裁判で役立てていないのを気にしてるのがとても可愛かった。

夜長アンジー(超高校級の美術部)→死亡予想

絶対クロ側だと思ってた。すまんかった。

→アタリ

まさかの被害者側。神様を崇拝してるとこからも、絶対にクロ側で誰かを殺した後「神様の元に行けるから怖くない」と言いながらおしおきされるのだと思ってた。ちょっとサイコッぽい雰囲気を見せながらもみんなで生存できる道をいちばんに考えていたのはこの子だったなと。

天海蘭太郎でスピンオフ出ませんか!?

正直なところもう少し活躍してくれると思っていた天海蘭太郎があまりにもあっさり死んでしまったのでモッタイナイおばけを生み出してしまいそう。前回生存者ってことは頭もキレるのだろうし、裁判パートも見てみたかったなあ……。しかも赤松ちゃんが放った砲丸での死亡ではなく黒幕に後ろから殴り殺されたってなんだよそれぇ……!

ちょっと納得がいかないので、ニューダンガンロンパV2待ってますから。



長くなってしまったので、いったんここで切ってストーリーについての感想は別記事にします。あーーもっと絶望したいよお。でも希望も見たいよお。


本編感想記事できました。

blueocean.hatenablog.com




【書評】「戦争と革命の世界史」で世界情勢への知識を深める



日本史よりも世界史の方が好きなのは、それぞれの国の歴史からその国の性格が感じ取られて興味深いからだと思う。
とは言え、大学受験をも終えてしまうと世界史に触れる機会などそうそうなく……特段歴史オタクでもないわたしの頭からは世界史の知識が丸っとすっぽ抜けてしまったというもの。

世界史の知識なんてなくても日常生活に支障を来たすわけでもないですしおすし―――なーんて思っていた時期がわたしにもありました。

でも、実際のところは世界史の知識って世界情勢の理解を深めるのに一役も二役も買ってくれるのですね。 最近ではオバマ大統領の広島訪問や阿部首相の真珠湾訪問がニュースになったけれど、世界史の知識が0であればあれらの世界的ニュースもちんぷんかんぷんなわけで。歴史ってちゃんと現在につながっているのです。

それを実感させてくれたのがこちらの一冊。

戦争と革命の世界史

この本を読むまでは、テロは起こす側が絶対悪!イスラム国ってなぜあんなに残虐非道なことができるのか、恐ろしい!と決めつけてかかっていて。いや、恐ろしいことには変わりないのだけど、この本を読む前と読了後ではテロやイスラム国に対する印象がガラッと変わってしまった。

遡り学習法がものすごーくわかりやすい

今、我々の目の前で展開している「21世紀」の国際情勢をほんとうに理解しようと思ったならば、その前段階「20世紀」の歴史理解が必須です。
 しかし、その「20世紀」の歴史理解をするためにはどうしても「19世紀」の歴史理解が、その「19世紀」の歴史理解をするためには……とどこまでも遡らねばならず、厳密には、原始社会まで延々と遡らなければ「21世紀」の理解はできません。
 したがって、高校などで世界史を学ぶとき、すべての教科書が原始から始まって、古い時代から古代、中世、近世と順々に現代に向かって説明がなされます。

 本書では逆転の発想で、時間を遡るようにして解説することを試みています。

 最初に現代情勢を学び、それに紐付けながらひとつ前の時代、ひとつ前の時代と遡っていくのですから、高校世界史の教科書に載っていたバラバラの出来事が、すべて「現代」に繋がっていることを痛感できるようになるでしょう。

この遡り学習法がものすごーくわかりやすい。時代の流れのままに歴史を紐解くのも良いけれど、それをあえて逆から遡ることで見えなかったものが見えてくる。何事も結論から述べた方がわかりやすいってのは本当だったのね。 こんなひどい事件が起こりましたよー、でもその背景にはこんな歴史があったんですよーといった形で、わかりにくいはずの歴史がポンポン頭に入ってきた。

著者の語り口調がまた軽快で良い

アメリカという国は、戦争を仕掛けるためなら自国民の命も平気で投げ出しますし、ましてや事件を捏造することなどに何のためらいもないお国柄です。

などと、皮肉たっぷりの語り口調が読者を飽きさせない。うーむ、学生時代に出会いたかった。
ここで、アメリカやイギリスなどの他国を皮肉るだけであれば興冷めだけれど、ちゃんと自国の日本のことを皮肉るのも忘れないところが好印象。歴史を語る上では平等の精神がなければね。


世界史の知識が深まれば趣味の海外旅行も捗るだろうので、こういった本もちょいちょい読んでいきたい所存。新聞で著者の神野正史を見かけて、そのスキンヘッドっぷりに驚いたのは内緒です。しかもサングラス……すごく、キャラが濃ゆい……。


【ライブレポ】『EGOIST showcase*004"nowhere"』

EGOISTへの愛についてはこちらの記事でも書いたのですが。

blueocean.hatenablog.com

さてさて行ってまいりましたよEGOISTライブツアーファイナル!『EGOIST showcase*004"nowhere"』!

気づけばファンクラブの有料会員になって1年以上が経過していたようで、チケットはわりとすんなりご用意いただけたかんじ。当日券も出た様子でした。 そしてツアーファイナルであった福岡会場は全席指定だったのだけど、なんとなんと、一番前の座席をご用意していただいちゃいました。なんたる幸運かー。ありがてえ。

そんなこんなで12/25(日)の聖夜、一番前の座席でサイリウム振り回してまいりました。音響機器がめっちゃ近くて迫力あったけどちょい耳が痛かった。

『EGOIST showcase*004"nowhere"』

セットリスト

#エウテルペ
The Everlasting Guilty Crown
#It's all about you
#カナデナル
#Door
#Ghost of a smile
#Welcome to the*fam
#Lovely Icecream Princess Sweetie
#Planetes
#リローデッド
名前のない怪物
#Fallen
#想いを巡らす100の事象
#雨、キミを連れて
KABANERI OF THE IRON FORTRESS
All Alone With You

~アンコール~
#SILENT NIGHT
#Great Distance
#Last Song

#Through My Blood
#Recall THE END
#罪の名前

#Departures~あなたにおくるアイの歌~

エウテルペからのDepartures最高

全曲レポはなかなか難しいのでここからはピックアップして記事にしたいのだけど、まずこれだけはどうしても言いたい。エウテルペで始まってDeparturesで終わるの最高かよ。 EGOISTのことをギルティクラウンから応援していた立場からすると、やっぱりEGOISTってギルティクラウンのいのりなんですよね。そこから進化を続けていて、ずいぶん大きく羽ばたいてしまったけれど、原点はやっぱりギルクラのいのり。そしてEGOISTの原点はやっぱり、エウテルペだと思うんだよなあ。とても印象的な曲で、歌詞は日本語なのにどこか異国情緒あふれるというか……アニメで初めて聞いた時にガシッと心を掴まれて。そこからEGOISTに惹き込まれていったところがあって、わたしにとってエウテルペは特別な曲だったので、今回のセトリは本当にうれしかった。

エウテルペ

エウテルペ

  • EGOIST
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

EGOISTの世界観をいちばんに表現してる曲だと思う。

The Everlasting Guilty Crown

エウテルペからのThe Everlasting Guilty Crownも熱かったですねー!うわああギルクラだー!みたいな。EGOISTのライブには何度かお邪魔してるけれど、タイミング的に伊藤計劃の映画主題歌で盛り上がっていた時だったので、ギルクラの曲よりも新曲発表の感が強かったのですよね。EGOISTがどんどん飛躍してくれるのはうれしいんだけど、だけど、寂しい、みたいな複雑なファン心を抱いておりましたので。そこんとこわかってくれてたんだなーと。

この曲の、

気づいて

その目は互いを認めるため
その声は想いを伝えるため
その手は大事な人と繋ぐためにある

って歌詞が大好きなんだよお。戦争するために存在しているんじゃないんだよお。

The Everlasting Guilty Crown

The Everlasting Guilty Crown

  • EGOIST
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

#Door
#Ghost of a smile

伊藤計劃の映画より。どちらもしっとり系のバラードなのだけど、chellyちゃんのバラード好きだからうれしい。伊藤計劃の映画まだ見れてないのが悔やまれた。はやく見よう。

Door

Door

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Ghost of a smile

Ghost of a smile

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

#Welcome to the*fam

そしてそして、最新曲。ジャケットのイラストも今までとは一風変わってポップなかんじに。スクリーンのいのりの衣装もジャケットイラストとお揃いにチェンジ。スカート丈がきわどいぜ。見えそうで見えない。いちばん前の席だったのでこう、しゃがみこんで下から覗けばいのりのパンチラが……見えない。 ヒラヒラ女の子~な衣装でとても可愛かった。横から見たらちょっぴりお尻が見えてたまらんかったです(コラ)。

Welcome to the *fam

Welcome to the *fam

  • EGOIST
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

#Lovely Icecream Princess Sweetie

ライブの定番曲ですね~~この曲の時は会場のサイリウムが一斉にピンクに変わるのが可愛い。EGOISTの曲では珍しく、C&Rが入る曲なので楽しい。そして男性ファンが多いのでレスポンスが野太ぇ。

Lovely Icecream Princess Sweetie

Lovely Icecream Princess Sweetie

  • EGOIST
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

#名前のない怪物
#Fallen

ご存知、サイコパスより2曲ですね。ここからEGOISTの知名度がぐんと上がったなーと。ギルクラの時はバラード多めだったので、こんなカッコイイ系の曲も歌えるんだなあと。あーサイコパスもっかい見たい。

名前のない怪物

名前のない怪物

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Fallen

Fallen

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

#SILENT NIGHT

クリスマスだったので、いのりがSILENT NIGHTを歌ってくれたよ。chellyちゃんの透き通る声でのSILENT NIGHTマジ至高。スクリーンにハラハラと降る雪が素敵でした。

ここからアンコールだったので、いのりもライブTシャツにお着替え。サンタ帽子被ってて可愛かった~。

#Great Distance
#Last Song

EGOIST名義の曲じゃないからとあまり披露されないこの2曲。今回ファンクラブイベントということで特別に歌ってくれました。ブレイブリーセカンドというゲームの主題歌になっているらしい。

Great Distance

Great Distance

  • ryo (supercell) feat.chelly
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Last Song

Last Song

  • ryo (supercell) feat.chelly
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

#Recall THE END

こちらはカバー曲。元々は神田沙也加ボーカルのTRUSTRICKの曲で、アニメ『ダンガンロンパ3』のEDでもあった曲。聞きながら、あれれ聞き覚えのある曲……なんだっけ?ってなってしまったのが悔やまれる。ダンガンロンパ3見てたのになってかダンガンロンパ大ファンなのになんたる失態。chellyちゃんver.もとてもかっこよくて素敵でした。ライブはこういう、ここでしか聞けない曲があるのが良い。

Recall THE END

Recall THE END

  • TRUSTRICK
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

#Departures~あなたにおくるアイの歌~

そしてDepartures~あなたにおくるアイの歌~。ちょっと切ない曲なので、ラストを飾るにはぴったりですね。

Departures ~あなたにおくるアイの歌~

Departures ~あなたにおくるアイの歌~

  • EGOIST
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

もうほんとに、ギルクラで始まってギルクラで終わる。最高のセトリでございました。chellyちゃんとスタッフさんがちゃんといのりのことを大事にしてくれてるのが伝わってきた。

感動を忘れないうちにとりあえず記事にしたくて、走り書きなところもあるけど、とりあえずEGOIST forever!

ギルクラはもちろんのこと、サイコパスもっかい見たくなった。


ジブリの立体建造物展@熊本市現代美術館に行ってきた!




ジブリは好きだが大ファンというわけでもないわたしである。それでも幼い頃はトトロを見てネコバスのあのフワフワした座席に座ることを夢見たし、千と千尋の神隠しを見てその世界観に魅了され、モデルとなった台湾の九份を訪れたりするぐらいには、ジブリが好きだ。 いちばん好きなのは千と千尋の神隠し「ハク様と呼べ」はジブリ史に残る名台詞にちがいない。わたしが好きなだけだけど。

そんなこんなで、近くでジブリ展がやっているというので会社帰りにふらっと立ち寄ってきた。残念ながら写真撮影禁止だったので写真はないのです。ううむ、残念。

f:id:umiimu:20161224034104j:plain

ザッと見てきた感想としては、マジで“建造物”展なんだな、と。ジブリアニメに登場する建物ーーー『トトロ』のサツキとメイの家とか、『千と千尋の神隠し』に登場する湯屋だとか。そういった建物のイラストにスポットライトを当てた展示会でございました。たまーにイラストの中にキャラクターが描かれてはいるものの、圧倒的に建物だけのイラストが多かった。いいね、そういうこだわり大好きだ。

こういった展示会って、なんとなーく客に媚びてキャラクターの登場多めにしちゃいそうなイメージがあったけど、今回の展示会はそんなことなかった。もう本当に、建造物:キャラクター=8:2ぐらいの勢いでした。キャラクターがまったく登場しないのもそれはそれで味気なさすぎるし、たまーに登場するキャラクターが良いアクセントになっていたと思われる。というより、建造物のラフ画紹介しようとしたら、たまたまキャラクターが一緒に描かれていたみたいな、そんなレベル。 そして初来訪だった熊本市現代美術館が思っていたよりも広く、しめて1時間以上はジブリの建造物の魅力に浸れました。その後に予定が詰まっていてちょっと急ぎ足だったのが残念に思えるほど。1/9までやっているみたいだから、もう一度ゆっくり訪問してみても良いかもしれない。もともとアニメや映画の細かいディテールに注目して作品を見るのは大好きなので、今回の展示会はわたしのツボをツンツンと刺激してくれる良い展示会であった。作者のこだわりがあちらこちらに詰まっているのを見るのは楽しいよね。

f:id:umiimu:20161224101933j:plain (こんなかんじで、ぐーるぐーると展示されたイラストをゆっくりと見て回った。)

普段アニメを見ていて背景にあたる建造物にそこまで注目することはなかったけれど、これからは背景にも注目して見てみようと思わせてくれる期待以上に良い展示会でした!

matome.naver.jp

ジブリ、ちゃんと見れていない作品も多いので、ちゃんと見てみよう。背景に映る建造物にも注目しながら。




ギルティクラウンが生んだアーティスト『EGOIST』が本当にカッコイイ



『EGOIST』というアーティストをご存知だろうか。


f:id:umiimu:20161205232002j:plain

アニメ「ギルティクラウン」生まれの、ryo(supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアーティスト。
EGOISTのヴォーカルchelly(チェリー)は2千人を超える応募者の中から、選ばれた歌姫。
(引用元:EGOIST公式サイト

アニメ「ギルティクラウン」の物語の中で人気を博すアーティスト『EGOIST』―――それがアニメの世界から独立して現実世界で一人歩きしはじめた、そんな存在だ。

なにそれ新しい

ギルティクラウンのアニメのOP・EDや挿入歌はすべてEGOISTのもので、どの曲もわたしの好みにドンピシャだったけれど、でもそれはこのギルティクラウンというアニメ世界の中だけで終わってしまうものだと思っていた。 アニメの主題歌をそのアニメのキャラクターが歌うというのはアイドルものやらでとりわけよく使われる手法であり、そんなものは今どきめずらしくもなんともない―――はずだった。

それがアニメが終わったあともあのアニメ『PSYCHO-PASS』や『甲鉄城のカバネリ』、さらに『伊藤計劃』の映画3作品の主題歌にまで活躍の場を広げてしまうんだからなあ、おいおいどこまで行っちゃうんだ!?wというかんじ。今まで2次元のものとして楽しんでいたものが、急に3次元に飛び出してきて、これで興奮しないはずがないんだよなあ。

psycho-pass.com kabaneri.com project-itoh.com

今ではリアル世界で単独ライブツアーをやってのけてしまうほど、アニメ世界からこちらのリアル世界にはみ出してきちゃったアーティストなのです。はみ出し系アーティストとカテゴライズしたい。

近未来的なライブパフォーマンス

EGOISTの魅力はそのライブパフォーマンスなしでは語れない。かなーりの最新技術を使っての近未来的なパフォーマンス。そのライブで歌うのはもちろん、EGOISTのボーカルでありギルティクラウンのヒロインである楪いのりナカノヒトナンテイナイヨ。


―――と、そんなわけはなく。

ナカノヒトはchelly

いのりの声帯を任されるはchellyというボーカリスト。喉からCDを生むのが得意なお方ですwあくまで歌うのはスクリーンに投影されたいのりなんだけれども、その声の部分を担当するのはchellyなのだ。

スクリーンに投影された3Dモデルが歌うという点では初音ミクのライブ「マジカルミライ」に似ているが、実質EGOISTのライブと初音ミクのライブは似て非なるものである。初音ミクにナカノヒトはいないが、EGOISTにはナカノヒトが存在する。

ナカノヒトの存在で広がる世界

ナカノヒトの存在は一見夢を壊してしまうように思える。しかし、EGOISTの場合はchellyの顔出しを徹底的にNGとしていることもあり、あまりナカノヒトの存在を強く感じることはない。むしろ、ナカノヒトがいてくれるからこそ、いのりが本当にリアル世界に存在しているように感じられるように思う。EGOISTのライブではスクリーン裏にいるchellyの動きとスクリーンに投影されたいのりの動きが連動するという最新技術が駆使されていて、「回って~」て声掛けしたら回ってくれる。まさに感情を持ったバーチャルアーティスト。やっぱり、わざわざ会場に足を運んでライブに参加するからには、アーティストとコミュニケーションが取りたいもんね。

EGOISTというアーティストを発足当時から追いかけ続けていられることをうれしく思うし、どこまでその世界を広げてくれるのか、今から楽しみすぎるのである。

発足当時のEGOISTが見られるのはこちら


ライブの前にアルバムで予習!おすすめのアルバムはこれだ!

これ聞いておけば間違いなし!+サイコパスとカバネリ、伊藤計劃の主題歌3曲をさらっておけばなおよしです。


【観劇感想】蒼井翔太主演の舞台『スマイルマーメイド』を見てきたのでレポ

f:id:umiimu:20161212200430j:plain

蒼井翔太主演の舞台『スマイルマーメイド』大阪公演を観劇してきました。

smile-mermaid.com

蒼井翔太の歌のファンで、人魚姫というモチーフからもいっぱい歌ってくれるんじゃなかろうか〜と期待してチケットを取りました。一番高いアクアマリンシートだったのに12列目と若干舞台から遠かったのは残念だったけど、そのぶん人魚姫に扮する蒼井翔太が本物の女性みたいに見えてよかったのかな、と。

舞台はあまり詳しくないのですが、せっかく生で見てきたのでネタバレ抑えめに感想を書いておきたいと思う。

12/10、大阪夜公演、シアター・ドラマシティでの観劇でした。

歌あり、踊りあり!見所たっぷりのミュージカルだった!

期待通り、蒼井翔太の歌で始まり蒼井翔太の歌で締まりました。蒼井翔太の高音はもう必聴。男性であのハイトーンボイスはすごい。昔はそれで苦労もしたようですが、それを武器にしている様はふつうにカッコイイです。男が人魚姫を演じるってだけで話題性は抜群ですもんね!

会場に着いても、ほとんどが蒼井翔太ファンなんだろうな〜という雰囲気。オタク歴が長くなると嗅覚が鋭くなる。

わたし自身、蒼井翔太のファンクラブ経由でチケットを取ったのでそうだったのだが、そんな中で蒼井翔太と同じぐらい、、、もしかすると蒼井翔太以上に目を惹かれた演者さんがいらっしゃった。

イルカのドーフィンめっっっちゃかわええ〜〜〜!

宮廷道化のイルカのドーフィン!めちゃくちゃお茶目で観客から笑いを誘う役回りなのに、歌声めっちゃ良い〜〜!?ぜんぜんノーチェックな役者さんだったんですが、原田優一さんとおっしゃるのですね。良いもん見せてもらいました。覚えとこ。

衣装の凝り様がすごい

海の王国って世界観に見合った、派手派手で綺麗な衣装も見応えありました。蒼井翔太の人魚姫衣装はもちろん、ジュジュ様のカサゴ衣装がすごかった。パッと見であれはカサゴなんだな〜〜ってわかっちゃうぐらいカサゴカサゴした衣装でした。

なんかもう、普通に舞台として楽しめる作品でした。公式の蒼井翔太アゲにちょっと不安を感じてたんですが、杞憂でした。まあ、蒼井翔太が主演だから仕方ないのかなあ、でも他の演者さんも素敵だったのでもっと平等にPRしてもよかったんじゃないかな〜〜。

もちろん、蒼井翔太演じるマリナ姫もすごい

声がね、もうほとんど女性の声だよね。

蒼井翔太のことは君と僕。のアニメの挿入歌で知り、うたプリの藍ちゃんを通してファンになったのですが、今回のマリナ姫の声は歌声、セリフ通しでほぼ女性のそれでした。途中、マリナ姫がヒステリックに叫ぶシーンがあるのですが、あの凄みは男性の蒼井翔太だからこそ出せたんじゃないかと。

ストーリーについては割愛

ネタバレあんまりよろしくないんだろうなと思うので割愛しますが、後半のまとめ方がちょっと雑だったかな?奇をてらうストーリーなのはよかったんですが、、、後半もうちょっと丁寧に作り込んでほしかった感が残ってしまった。全体的に良いんだけど、もにょっと感が残ったのはわたしだけだろうか……。

そしてまさかの、イルカのドーフィン見たさに円盤がほしくなっちゃうわたしがいたりします。原田優一というすばらしい役者さんに出会えてよかったです。

ライブばっかり行ってるけど、観劇もたまには楽しいな〜〜!


【映画感想】ハリポタファン歴15年超えのわたしがファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅を観てきたので感想を書く+考察

※ネタバレあり※

ホグワーツからのふくろう便(入学案内)を待ち続けて早15年。あーーー魔法使いたいよーーー自分がマグルだなんて信じたくないよーーーーー!?とアホなことを真剣に考えてしまうほどにハリーポッターが好きだ。あーあ、ふくろう便来ないかなあ来たら秒で仕事辞めてホグワーツ特急に乗り込んでやるのに。

そんなハリポタオタクなわたしがようやくファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅を観てきました。

ハリー・ポッターのスピンオフ作品『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公開!

ハリーポッターのスピンオフはずっと期待していたのだが、あってセブルス・スネイプ主役の〜とか、ハリーの子ども世代、いわゆる孫世代の〜とかだと思っていた。まさかこんな形で、まったく別方向から切り込んでくるとは。。。

ホグワーツ指定教科書になってる、こちらの本の著者が主役のよう。

邦題ダサくね?問題

散々言われているが、邦題、ダサくね?取って付けたような〜魔法使いの旅〜がすごい気になる。 もともとは『FANTASTIC BEASTS and WHERE TO FIND THEM』。

f:id:umiimu:20161207092406j:plain

ちっとも魔法使いの旅感ない。直訳すると「どこで彼らを見つけるのか」なので確かにかっこよく訳しにくいかもしれないけど、なんかもうちょっと、なかった?

1周回ってわかりやすいのかもしれない

確かに安直な意訳だけど、魔法感出すのに必要だったのかなと。ファンタスティック・ビーストだけだといまいちピンとこないし、あえて魔法使いのって付けたことでああ、魔法がテーマなんだなって頭にすっと入ってくるのかもと思ったり。

あらすじ

主人公である魔法動物学者、ニュート・スキャマンダーが魔法動物をたくさん詰め込んだトランクを持って渡米。

うっかりノーマジ(マグル)のジェイコブのトランクとニュートのトランクが入れ替わってしまう。

そんなこんなで魔法動物がアメリカの街中へと逃走。

アメリカでは魔法の存在がノーマジに知れることは法律で厳禁とされている。そんな中で魔法動物が街中で暴れるのは非常にまずい。というか、すでにノーマジが魔法の存在を感づき始めている(魔法動物のせいだけでじゃないけど)。

ニュートと仲間たちは魔法動物を回収し、魔法族と人間の一触即発を止めることができるのかーーー?

ざっくりまとめるとこんな感じ。

ハリーポッターよりも大人向けな内容でしたね。今回は原作での前知識もないので、新鮮な気持ちで最初から最後までわくわくできました。

ってか、めっちゃ完成度高いと思った。途中ちょいちょい抜けてるとこもあったけど、全体的にストーリーが綺麗にまとまってた。

ニュート&ティナ、ジェイコブ&クイニーで恋愛要素もあったりして、うまいことまとめたなあと。 ニュート&ティナの別れのシーンすごいきゅんとした。最初、自分の書いた本を送るよって言って別れたのに、即座に戻ってきて「やっぱり直接渡しに来ていいかな?」っておいおい!めっちゃきゅんときたわ!ずるい男だニュート! ジェイコブ&クイニーの再会シーンもすっげーおしゃれでしたねあれだけでめっちゃ考察捗るぞ!?

ジェイコブの記憶は本当にオブリビエイドされたのか?

ここが今作一番の考察ポイントですよね〜おそらくですけど、一応はちゃんとオブリビエイドされてるんだと思います。ってか「実はオブリビエイドされてませんでした~」というご都合主義な展開だったら激萎えすぎる。ラストの意味ありげな笑みは、潜在意識がそうさせたのかなと。でも5部作やる中でジェイコブとは1作目でさようなら〜〜ってのも寂しい気がするよなァどうするつもりなんだろう。

たぶんですけど、クイニーはジェイコブのパン屋さんでいっしょに働くんだろうと思いますね。じゃないとわざわざ「従業員募集中」って貼り紙を強調しないと思います。ということは、やっぱりジェイコブは2作目からも魔法界に首をツッコむことになるんじゃないかな〜〜。

ハリポタ作品初見の方も楽しめます!

ハリーポッターあまり知らないんだよな〜って方にもおすすめできます。世界観はいっしょですが、こちらはこちらでまったく別の話なのでハリーポッター知らないからって見ないのはもったいない作品です。

時間軸的にはファンタビの方が先なので、こっからハリポタワールドに入るのも良いと思う。

ハリポタファンはもっと楽しめる!

2作目からはダンブルドアの若かりし頃も出てくるという噂! それだけでなく「アロホモラ」や「オブリビエイド」といったお馴染みの呪文も多数登場します。今回、主役陣が大人ということもあって魔法の手際が鮮やか!ハリーやロンの魔法にはだいじょうぶかな……?って心配になる場面も多かったけどそこはやっぱり学生らしさだったんだなって実感しました。

今後5部作で、もっとハリーポッターの世界とリンクしていくかと思うともう、ワックワクのドッキドキだよね!


プリライ5th1日目レポ

以前の記事でもチラッと触れましたが、うみねこは1/16公演の方に参加して参りました。以下レポートです。記憶が曖昧なところも多く、セトリなどは他ブロガーさんのブログなどを参考に作成しております。


※こちらの記事にはネタバレしかございません※

既にDVD/Blu-rayの発売が決定しており、シネライもおそらくあるんじゃないかなあと思いますので、そちらを初見で楽しみたいという方にはオススメしません。

また、すべてをわたしの記憶を元に書いておりますので間違いを含む可能性が大いにあります。ほら、見切れ席でただでさえステージから遠かった上に初のプリライで興奮のあまり「とにかくすばらしかった」という記憶ですべてが上塗りされているから。 曲によって感想の長さに偏りがありますが、感想が短い曲に愛がないわけでは決してなく、ただわたしの記憶が忘却の彼方なせいです。


#セットリスト

5thのセトリは以下の29曲でした。

#1 The dice are cast
#2 マジLOVEレボリューションズ
#3 月明かりのDearest
#4 RISE AGAIN
#5 Innocent Wind
#6 ONLY ONE
#7 NEVER…
#8 Saintly Territory
#9 ポワゾンkiss
#10 エボリューション・イヴ
#11 ポラリス
#12 Pirates of the Frontier
#13 BLOODY SHADOWS
#14 エヴリィBuddy!
#15 シャイン
#16 The New World
#17 木漏れ日ダイヤモンド
#18 EMOTIONAL LIFE
#19 Mellow×2 Chu
#20 すべてを歌にっ!
#21 GREEN AMBITION
#22 Code:T.V.U
#23 SECRET LOVER
#24 静炎ブレイブハート
#25 ORIGINAL RESONANCE
#26 マジLOVE2000%
#27 サンキュ
#28 GOLDEN☆STAR
#29 マジLOVE1000%(アンコール)

#オープニング

プリライに限らず、こういったイベントのオープニングといえばあれだよね!キャラからの諸注意アナウンス!とわくわくしながらアナウンスがかかるのを待機していたのですが、この日は待てど暮らせどアナウンスが流れない。その代わりに出演者のみなさんがぞろぞろと静かにステージ上に登場しました。神妙な面持ちで。客席からは出演者の登場ということで「キャア」と黄色い声が上がりましたが、異様な雰囲気にまたすぐに静まりました。

そして森久保さんの口から発表される「鈴木蘭丸骨折事件」
ええええええ確かに三角巾で腕吊ってらっしゃる!?本日のリハ中にやっちまったらしく。「こうなってしまったのは自分の不注意が原因ですが、どうか黒崎蘭丸としてステージに立たせてください!!」とのたっつんの言葉に客席から声援と拍手が起こりました。 重苦しい雰囲気で幕を開けたプリライ5th1日目でしたが、森久保さんが「腕は折れても心は折れてません!!」と和ませて空気を変えてくれました。こういった場で、きちんと空気を変えることができるのはさすがだなあと。森久保さんが仕切って、たっつんが報告といった形でしたが、仕切りは本当に森久保さんが適任だったと思います。さすが!大人力高いぜ!

こうして始まったプリライ5th1日目でした。


#1 The dice are cast

The dice are cast

The dice are cast

スクリーンにアニメ同様の4色のサイコロが転がり、QUARTET NIGHTが登場。もおおおド頭からQUARTET NIGHTかよおお最初からクライマックスかよおおもおおお!?てっきりマジレボから始まると思ってたので、突然のカルナイに頭がついていきませんでしたもおおもったいねえもっとガン見したかった!
アニメでも、カルナイがアイドルしていらっしゃるよおおお;;と散々はしゃいだこの曲ですが、マジで、アイドルでした。
特に「ロマンティックに」「ドラマティックに」のとこで!嶺二・蘭丸、藍・カミュで背中合わせですよ!?夢でも見ているのかと思いましたが現実でしたありがとう本当にありがとう。


#2 マジLOVEレボリューションズ

マジLOVEレボリューションズ

マジLOVEレボリューションズ

先輩であるQUARTET NIGHTに続き、ST☆RISHの登場。瞬時にサイリウムを推しの色に変え全力でC&Rするわたしたち。すごいぜ、ST☆RISHと客席が一体になる瞬間を見たってかわたし自身一体となってた。
もうこの曲はC&Rあってこそですもんね!マジLOVEシリーズは1000%2000%と来ているわけですが、わたしはレボリューションズがいちばん好きです。C&Rめちゃめちゃ楽しかったです!めちゃめちゃ楽しかったです!!
それにしても会場のプリンセスみんな訓練されすぎじゃない?

ダンスの記憶がほとんどないのが悔やまれます……正直C&Rに必死になりすぎた。はやく、はやく円盤見せてください。


#3 月明かりのDearest

月明かりのDEAREST

月明かりのDEAREST

  • 美風 藍(CV.蒼井 翔太)、カミュ(CV.前野 智昭)
  • アニメ
  • ¥250

この曲が5thで来ると誰が予想できたでしょうか。この曲めっちゃめちゃ好きなのに、予想外すぎてイントロ流れてもしばらく何の曲かわかりませんでした。

うみねこは こんらん している

感動で打ち震えていたら藍ちゃんとカミュ様がトロッコで客席まわりを周遊しはじめた……!?うれしいことに藍ちゃん側だったので、500レベル見切れからではありましたが下を見下ろしながら精一杯サイリウム振りました。

もおおおこの曲が生で聞けるなんてうれしすぎるんですけど;;


#4 RISE AGAIN

RISE AGAIN

RISE AGAIN

  • 寿 嶺二(CV.森久保 祥太郎)、黒崎 蘭丸(CV.鈴木 達央)
  • アニメ
  • ¥250

シンデレラ組ときたら次はこのお2人ですよねえええ。蘭丸の声がマイクに入らないトラブルがあり、それが気になってあまり覚えていないのが残念。
センターステージで走り回りながらお2人が歌ってくれたのは覚えていますたっつんそんな動き回って大丈夫なのほんとに!?


#5 Innocent Wind

Innocent Wind

Innocent Wind

なんなんでしょう今回のセトリは先輩組から攻めていくかんじですかカルナイてんこ盛り過ぎて頭がついていかないよお;;

この曲めちゃめちゃ難しいと思うんですけど、さすが蒼井くん、生でもめちゃめちゃすてきでした。

ラストの演出すごかったですねえ、歌い終えた後、蒼井くんがステージの裏側に背中から落下して消えましたどうなってんだアレ。アニメでも藍ちゃんがこの曲を歌った後に力尽きて背中から地面に倒れるんですけど、完璧に再現されていました。斜め後ろからの眺めだったんですけど、正面から見たいよお。


#6 ONLY ONE

ONLY ONE

ONLY ONE

めちゃくちゃ練習しただろうダンスができなくて本人はすごく悔しかっただろうけど、スタンドマイクで歌う姿は本当に黒崎蘭丸そのものでしたありがとうございました。


#7 NEVER…

NEVER...

NEVER...

寿嶺二がそこにいました。

ステップ踏みながら帽子を投げる姿!完全に嶺二でしたし極めつけにバックのスクリーンに映される観覧車ですよ。嶺二じゃん。もう寿嶺二じゃん;;
帽子、客席に飛んだのかと思いましたがダンサーさんがキャッチしていました。客席に飛んでたらもう、受け止めたプリンセスが春ちゃんになっちゃう(?)


#8 Saintly Territory

Saintly Territory

Saintly Territory

イントロが始まっても姿を見せないカミュ様。もしや……と思っていたらほんとに上からいらっしゃったーーー!?www
高さで言うと400レベルぐらい?のところで歌い始め、徐々に降りて来る前野カミュ様。カミュ様……ッ!!!」って跪けば良いのですか!?アリーナ席だったら跪いてた。あいにくスタンディング禁止の500レベルだったのでゆっくりステージに向けて下降していくカミュ様を上から見下ろすに止まりましたw

いつものマジェスティクステッキも登場しました。魔法使いの人だw

Twitterで「もしカミュ様が上から現れた時のために膝から崩れ落ちる練習しとかなきゃ」とおっしゃってたお姉さんは無事に跪けたのでしょうか。


#9 ポワゾンkiss

ポワゾンkissも生で聞きたい曲だったので今回のセトリマジで感謝。カルナイがはじめてアニメで歌って踊った曲なので思い入れが強いです。
藍ちゃんの生「跪きなよ」が聞けただけでもう……跪きますとも!!この曲はいちばん年下の藍ちゃんの歌詞が妙に色っぽいところがとても良いです。

ただ、ここに来てたっつんのマイクが完全に駄目になってしまったようで。スクリーンには一生懸命歌うたっつんの姿が映るんですけど、声が;;響いてこない;;;;

この後、マイクチェックが入ったようで数分間の沈黙が入りました。


#10 エボリューション・イヴ

エボリューション・イヴ

エボリューション・イヴ

たっつんのマイク復活!生き生きと歌う様子にうれしくなります。

間奏のところで一人ずつソロのダンスパートがあって、めちゃめちゃかっこよかった……!みんなで踊ってるのも良いけれど、こうやって一人一人に見せ場を持たせる演出大好きです!


ここまで1曲を除きすべてカルナイのターン。今回は前半カルナイ、後半スタリでスッパーンと分かれたセトリでした。カルナイ一気に摂取しすぎて頭が沸騰しそう。


そしてスタリのターンに行く前に、、、やってくれましたシアターシャイニング!!!ポラリスの発売から間もなかったのでどうかな〜と思っていたのですが、やってくれましたよ〜〜;;演出も凝ってて、見応えがすごかったです。全体を通してここの記憶が強い。

それぞれ映画の予告が流れた後に、スクリーンに映し出されたのは「Now Showing」の文字!来てほしいとは思ってたけど、ほんとにやってくれるなんてうれしすぎました。Now Showingってテンション上がるフレーズだなああ!!


#11 ポラリス

うたの☆プリンスさまっ(音符記号)シアターシャイニング ポラリス(初回生産限定盤)

うたの☆プリンスさまっ(音符記号)シアターシャイニング ポラリス(初回生産限定盤)

3人共!パイロットスーツだ!!パイロットと言っても飛行機のではなくヒューマノイドアームズというロボのパイロットなので、ピチッとしたスーツです。ちょうどパッケージでセシルが着ているようなやつですね。
3人共動くはしごのような機械に乗って、かなり高いとこまで来てくれました。

マモときーやんの歌唱力は言うまでもなく、鳥さんの歌声がめちゃくちゃ可愛いので興奮しました。


#12 Pirates of the Frontier

てらしーの海賊衣装がえらいかっこよかったです。イッキと白い悪魔がそれぞれトロッコに乗り込み、客席まわりを周遊してくれました。マルローはセンターステージでダンス……実はずっと思ってましたけど、たっつんほんとに骨折してんのかってばりに踊るな!?

そして3人がステージ上に戻り、イッキと白い悪魔は剣を交え、マルローは銃を片手に歌う踊る!うおおめちゃかっこいい……こういった小道具を取り入れたダンス大好きです、めちゃめちゃかっこよかったので魅入ってしまいました。
お隣が音也担のお嬢さんだったんですが、ずっと可愛い声で「おとやーっ!おとやーーっ!!」て声援を送っていて微笑ましかったです。いやもうほんとこの曲の音也ほんっとかっこよかったです。

イッキ船長の衣装は後日てらしーがブログに上げてくださいましたのでぜひ。


#13 BLOODY SHADOWS

ブラシャーーー!さっ3人共飛んだーーーーー!!? マントを羽織りながら宙に飛ぶヴァンパイア3人。

新曲が出る度に思うんですけど、蒼井くんの高音止まるところを知らないですよね……ほんとどんどん高くなる。生でも美しい高音でした彼が藍ちゃんでほんとよかった。低音ボイスな鈴村さんと諏訪部さんとのハーモニーもすてきでした。

ブラシャは特に、アイレスの歌声が後半に向かうにつれて優しくなっていくのが好きです。や、優しくなってますよね気のせいじゃないよね!?


#14 エヴリィBuddy!

なんとエヴリィBuddy!の2人が車で登場です!?真っ赤な外車ですめちゃめちゃかっけえです!!?レイジさんが運転席で、ショウが助手席のドアに腰掛けての登場。かっこよすぎかーーー!

えっ嶺二が運転してんのこれ!?いやっでもバリバリ歌っていらっしゃるし自動運転かな!!?ってか本物の車!!?!とそこばかり気になる私。
後にトークで判明するのですが、嶺二が運転していました!!しかも昨日急遽嶺二本人が運転することになったのだとか。プリライすげえ。
下野さんの「歌って盛り上げながら運転してサイドブレーキ掛けたりするんですよー!?もう俺恋しちゃいそうだった……!!!」て気持ちがめちゃめちゃわかりましたあれは惚れざるを得ない……嶺二……ずるい大人。

ちなみにめちゃくちゃでかいマラカスマイクで歌っていらっしゃいましたが本人曰く「マラカスじゃないよ、マイクだもん」とのことです。

嶺二がずるい大人すぎてずるいよーーうわーーーん。


#15 シャイン

シャイン

シャイン

ST☆RISHのターン、の前に。マモのターンでした。

シャインはマモライでも生で聞いておりますが、「kiss me…」のウィスパーボイスやばすぎだからあ!?マモが囁く度に客席からギャアアアと悲鳴上がっちゃってるからあ!!?

1日目は「マモダヨ!マモダヨ〜〜〜!!」となぜかカタコトで手を振りながら捌けて行かれましたwこの曲の時はトキヤではなくマモなんだなあ!


#16 The New World

The New World

The New World

まず、ヴィオラの力強い前奏から始まり。遠目だったのでまさかきーやんが弾いているのか……!?と思いましたが違ったwでもまるで那月と背中合わせで砂月がヴィオラを弾いているようで、とても感動しました。


#17 木漏れ日ダイヤモンド

木漏れ日ダイヤモンド

木漏れ日ダイヤモンド

きーやんでなく、てらしーの方が弾き語りでした!?やばいもう、少したどたどしくもギターを弾きながら歌うてらしーは音也そのもの。めちゃくちゃ練習したんだろうなあ;;夢を現実にしてくれて、ありがとうございました;;;


#18 EMOTIONAL LIFE

EMOTIONAL LIFE

EMOTIONAL LIFE

この曲の記憶がすっぽり抜けているのはなんでかな!?てらしーときーやんがセンターステージで歌ってたってのは覚えてるんですけど……。円盤はよう。


#19 Mellow×2 Chu

Mellow×2 Chu

Mellow×2 Chu

あの神宮寺レンがメロメロチュだと!!?と一時世間を騒がせたこの曲ですが、もおおさすがレン様。会場のプリンセスみな虜でした……。よく見えなかったんですが、花びらの形をした紙吹雪が舞っていたんですねたまらんですね……!

神宮寺レン、罪な男。わたしのまわりにはレン担のお姉さんが多いような気がします。わかるよレン様めっちゃ可愛い。


#20 すべてを歌にっ!

すべてを歌にっ!

すべてを歌にっ!

  • 来栖 翔(CV.下野 紘)
  • アニメ
  • ¥250

下野さんまた飛んだーーーーーwwwあれこの人高所恐怖症じゃなかったっけw翔になるために高所恐怖症克服しかけている下野さんマジで男気全開。
翔はタオル曲担当ですよねーーこのためにタオル買いたかったのに買えなかったよねクソが!でもC&Rだけでもめちゃんこ楽しかったですありがとう翔ちゃん。

最後、宙に吊られたまま両手両足開いてバーン!てキメポーズをキメるんですが、蒼井くんが「わあテディベアみたーい♡」って言ってたの可愛すぎでした。


#21 GREEN AMBITION

GREEN AMBITION

GREEN AMBITION

蛍が舞う中にセシルちゃんがいました。ホタルと呼ばれる球状の照明が鳥さんのまわりを取り囲んでいて、幻想的でした……鳥さんほんと可愛い声で歌うなあ。 セシルトーンめずらしいけど、もっとこっち方面の声もやってほしいです。


#22 Code:T.V.U

Code:T.V.U

Code:T.V.U

ほんとすいませんこのあたりも記憶が……あまり聞き込んでいない曲は記憶に残り辛いようです無念。iPodへの投入が遅れていただけで、今や全曲めっちゃ聞いてます。


#23 SECRET LOVER

SECRET LOVER

SECRET LOVER

前奏への入りがアレンジされていて?寒色組のどちらかなのはわかっているのですが真斗なのかトキヤなのかわからず会場混乱。わたしも手元のライトをカチカチカチカチ青に変えたり紫に変えたりしていました。会場もそうだったようなw
で、SECRET LOVERの聞き慣れた前奏が始まるやいなや紫に染まる会場。トキヤからでしたーー!

そしてステージ上には椅子が現れました。ちょっとお、マモお得意の椅子ダンスじゃないですか!?マモライでもやっててたいへんセクシーでいらっしゃいましたよね!!?
トキヤは昔の可愛らしい、王子様みたいな曲調の曲も好きですけど、最近の野生剥き出しトキヤもどちらも好きです。伝わって。


#24 静炎ブレイブハート

静炎ブレイブハート

静炎ブレイブハート

曲名にちなんで青い炎がブワァッと何度か上がる演出。鈴村さん、わりと炎の近くで歌っていらっしゃったと思うんですけど、熱さを感じなかったようで「炎熱くなかったですね〜えっ熱かった!?俺が感じなかっただけかあ!?」みたいなこと言ってた。炎の近くにいたプリンセスはちゃんと熱かったようですw

「Blaze!」のコールがたいへん楽しかったです。青いライトを振り上げながら「Blaze!」「Blaze!」コールしてきました。んんん鈴村さんも楽しそうなのがまたイイ!


#25 ORIGINAL RESONANCE

ORIGINAL RESONANCE

ORIGINAL RESONANCE

ついに。やってきてしまった。プリライ5thの開催が決まってからわたしがいちばん生で聞きたかったこの曲ORIGINAL RESONANCE。そうなんですよ、カルナイ推しなのにいちばん聞きたかったのはこの曲なんです。アニメで聞いた時から、マジレボのアニメ曲でダントツにいちばん好きで、そんなこの曲を生で聞けて本当に夢のようでした。

アニメ同様ピアノから入り。まあ、ここは鈴村さんではなくプロのピアニストの方がステージ上で奏でます。てらしーもいったんだから鈴村さんも次回からいけるのでは?弾き語りいけるのでは??
そして始まる寒色組のハーモニー。もおおすごいですお2人共歌がめちゃくちゃお上手で、声の相性も良いのでクロスユニットで寒色組を組ませたシャイニング社長ありがとうわかってらっしゃる。

ところどころ「ORIGINAL RESONANCE」とお2人のウィスパーボイスが入るのですが、吐息まで聞き逃すまいと会場が一体となって静まりかえるのには感動しました。そして「ORIGINAL RESONANCE」の後はもれなくピギャアアアアと上がる悲鳴w

この曲、まあわかりますがめちゃくちゃ難しいらしく。マモも鈴村さんも曲をもらって譜面を見て最初に思ったのが「これ生で歌うの?」だったそうwいやでも完璧に歌い上げてましたけどね!さすがですね!!鈴村さんの方からだったと思うんだけど「マモと歌えてよかった」とか言っててさあ、もうさあ、もっといっしょに歌ってくれていいんだよ!

ああ、カンパネラ中毒。


#26 マジLOVE2000%

マジLOVE2000%

マジLOVE2000%

ここでまさかのマジLOVE2000%。たっつんの怪我に合わせてのセトリ変更だったのかな〜用意していたのは天空のミラクルスターだったのかもしれないですね。
でも、寒色組の気合いの入りようがすっごくよかった!過去のプリライ円盤でもこの曲での寒色組の絡みがすっげえ好きで、何回も見てるんだけど、生で見れてうれしかったです。

この曲さあ、過去の円盤で見てても思ってたんだけど、頭のC&Rで真斗の「I want you H」の後だけみんなどうしていいかわからずにスッとレスポンスから退くのなんなんだろうねw

I need you S
I feel you T
I miss you A
I kiss you R
I believe you I
I hold you S

ここまで「S!」「T!」「A!」「R!」「I!」「S!」って順調にレスポンスできてたのに、

I want you H

の後だけ「H!」ってなんでできないんだろう!? でも実際やってみるとほんとにできない!今までと同じノリで「H!」ってやればいいだけなのになんか、できなかったです不思議〜。みんな全力でレスポンスもらってるのに真斗だけかわいそうなかんじになっちゃってるのでもし次の機会があったらできるように練習しておきます。


#27 サンキュ

サンキュ

サンキュ

バラードなのでしっとり歌い上げるかんじでした。この曲は歌詞がものすごく良い。
ライブの定番曲になりそう。


#28 GOLDEN☆STAR

今のところ唯一の全員曲になるんでしょうか?

マスターコースの先輩後輩の並びで歌うの、今までのプリライでもやってきてたと思うんですけど、今回もやってくれてうれしかった。マスターコースの先輩後輩組好きなので〜〜〜ROT組も御曹子組もトラビ組もパレス組もそれぞれに良い!それぞれ新曲出してほしいぐらいです……難しいかな……!!!


#29 マジLOVE1000%(アンコール)

マジLOVE1000%

マジLOVE1000%

すべてはここから始まったのです。いや、本当はゲームからだからここからと言うと語弊がありますが、うたの☆プリンスさまっ♪のアニメはここから始まったのです。
当時は先輩組も、セシルですらおらず、ST☆RISHの6人だけだったんですよね。それが、セシルが増え、QUARTET NIGHTが増え総勢11人。すばらしいライブでした。

プリライには中毒性があるとは良く聞きますが、本当にその通りでアンコールを聞きながらプリライ6thも絶対来たい。次はもっと良席を当てたいと、決意しておりました。
プリライ6th、絶対にやってくれると信じています。マモ(?)も「アニメも4期やるし、そしたらまた歌える曲が増えますよね〜」って言ってくれたし!プリライは出演者側も本当に楽しそうにやってくれるのでうれしい。きーやん「もうなんか毎日やりたい。1週間ぐらい」みたいなこと言ってたので、もう、ツアーしたらいいじゃない!うたプリ5大ドームツアー待ってますから!!