うみねこにっき

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみねこにっき

ブルーオーシャンを探して

ギルティクラウンが生んだアーティスト『EGOIST』が本当にカッコイイ



『EGOIST』というアーティストをご存知だろうか。


f:id:umiimu:20161205232002j:plain

アニメ「ギルティクラウン」生まれの、ryo(supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアーティスト。
EGOISTのヴォーカルchelly(チェリー)は2千人を超える応募者の中から、選ばれた歌姫。
(引用元:EGOIST公式サイト

アニメ「ギルティクラウン」の物語の中で人気を博すアーティスト『EGOIST』―――それがアニメの世界から独立して現実世界で一人歩きしはじめた、そんな存在だ。

なにそれ新しい

ギルティクラウンのアニメのOP・EDや挿入歌はすべてEGOISTのもので、どの曲もわたしの好みにドンピシャだったけれど、でもそれはこのギルティクラウンというアニメ世界の中だけで終わってしまうものだと思っていた。 アニメの主題歌をそのアニメのキャラクターが歌うというのはアイドルものやらでとりわけよく使われる手法であり、そんなものは今どきめずらしくもなんともない―――はずだった。

それがアニメが終わったあともあのアニメ『PSYCHO-PASS』や『甲鉄城のカバネリ』、さらに『伊藤計劃』の映画3作品の主題歌にまで活躍の場を広げてしまうんだからなあ、おいおいどこまで行っちゃうんだ!?wというかんじ。今まで2次元のものとして楽しんでいたものが、急に3次元に飛び出してきて、これで興奮しないはずがないんだよなあ。

psycho-pass.com kabaneri.com project-itoh.com

今ではリアル世界で単独ライブツアーをやってのけてしまうほど、アニメ世界からこちらのリアル世界にはみ出してきちゃったアーティストなのです。はみ出し系アーティストとカテゴライズしたい。

近未来的なライブパフォーマンス

EGOISTの魅力はそのライブパフォーマンスなしでは語れない。かなーりの最新技術を使っての近未来的なパフォーマンス。そのライブで歌うのはもちろん、EGOISTのボーカルでありギルティクラウンのヒロインである楪いのりナカノヒトナンテイナイヨ。


―――と、そんなわけはなく。

ナカノヒトはchelly

いのりの声帯を任されるはchellyというボーカリスト。喉からCDを生むのが得意なお方ですwあくまで歌うのはスクリーンに投影されたいのりなんだけれども、その声の部分を担当するのはchellyなのだ。

スクリーンに投影された3Dモデルが歌うという点では初音ミクのライブ「マジカルミライ」に似ているが、実質EGOISTのライブと初音ミクのライブは似て非なるものである。初音ミクにナカノヒトはいないが、EGOISTにはナカノヒトが存在する。

ナカノヒトの存在で広がる世界

ナカノヒトの存在は一見夢を壊してしまうように思える。しかし、EGOISTの場合はchellyの顔出しを徹底的にNGとしていることもあり、あまりナカノヒトの存在を強く感じることはない。むしろ、ナカノヒトがいてくれるからこそ、いのりが本当にリアル世界に存在しているように感じられるように思う。EGOISTのライブではスクリーン裏にいるchellyの動きとスクリーンに投影されたいのりの動きが連動するという最新技術が駆使されていて、「回って~」て声掛けしたら回ってくれる。まさに感情を持ったバーチャルアーティスト。やっぱり、わざわざ会場に足を運んでライブに参加するからには、アーティストとコミュニケーションが取りたいもんね。

EGOISTというアーティストを発足当時から追いかけ続けていられることをうれしく思うし、どこまでその世界を広げてくれるのか、今から楽しみすぎるのである。

発足当時のEGOISTが見られるのはこちら


ライブの前にアルバムで予習!おすすめのアルバムはこれだ!

これ聞いておけば間違いなし!+サイコパスとカバネリ、伊藤計劃の主題歌3曲をさらっておけばなおよしです。